「未分類」カテゴリーアーカイブ

FXのバックテストと通用しない値動き

外貨で稼ぎたいなら、バックテストなどを活用してみる方法があります。過去のデータを活用して、優秀な売買ルールなのかどうかを確かめる事もできるからです。その他にも検証ソフトもありますが、それには注意点もあります。過去の動きは、必ずしも現在も通用するとは限りません。

バックテストで取引成績を確認する

FXでお金を稼ぎたいと考えている方は、よく自動ツールに注目しています。FX業者のシステムを活用し、ダウンロードしてきた売買ルールで取引を代行してもらう訳です。ある意味、ロボットをダウンロードして取引代行してもらうイメージになります。
それは良いですが、ロボットが優秀かどうか見極めたくなる事もあるでしょう。売買成績が優秀でないと、お金を失ってしまう可能性もあります。
そこで、バックテストという機能を活用してみる訳です。バックテストは、過去の値動きを活用した検証システムです。すでに外貨のデータは大量に蓄積されていますから、その過去データを活用して、果たしてロボットは優秀なのかどうかをテストしてみる訳です。
バックテストを行ってみると、ロボットの売買成績に関するデータを得る事ができます。最大ドローダウンなど、実に色々なデータを見れるのです。
人によっては、バックテストでなく検証ソフトなどを活用している事もあります。検証ソフトでも、売買成績を確認する事はできます。

バックテストは実施する方が良い

バックテストを行ってみる事自体は、確かに意味はあります。実際にチャートを確認してみると分かりますが、同じような値動きが頻発するケースは実際あるのです。今後も歴史は繰り返す可能性がありますし、テストを実施してみる価値はあるでしょう。
少なくとも、テストは実施しておく方が無難です。ロボットのパフォーマンスを見極めるためにも、やはり調査しておくに越した事はありません。

過去のパターンが通用しない事もある

ただ1つ注意を要するのは、バックテストや検証ソフトを過信するのは禁物です。未来においては、イレギュラーな事態が発生する可能性もあるからです。
実際FXのチャートを確認してみると、たまに予想できない動きが発生する事はあります。めったに見ない大きな動きが生じて、外貨のレートが大きく動くことはあるのです。その場合、過去の動きはあまり役立たなくなってしまう事はあります。
バックテストのデータを見てみる事自体は、大いに意味はあります。ただ過信は禁物なので、「参考」情報としてテストの数字を検証してみると良いでしょう。