「未分類」カテゴリーアーカイブ

関心を持ってもらえるようなツイートをするために

ネットビジネスとしてブログを開設し、TwitterなどのSNSを使って紹介していきたい、ブログを拡散していきたい、などと感じる人も多いのではないでしょうか。ブログを拡散するために1番便利な方法はTwitterだと言われています。しかし、Twitterだからといって誰もがそのブログを簡単に読んでくれるとは限りません。ここでは、ブログで読んでもらえるようなTwitterを書くコツについて紹介していきます。

1.役に立つような情報を載せる
ブログを紹介していくためには、ブログのリンクだけを貼り付けても読者は集まりません。多くの人にフォローしてもらうことが大切ですので、リンクを貼り付けるだけではなく、積極的にツイートして多くの人の目に触れるということが大切です。たとえいちどでは振り向いてもらえなかったとしても、何度か他の人の目に触れることで「ああ、この人この前も見た」などと親近感を持ってもらえる可能性が高まります。そのため、ブログの拡散以外にもいろいろツイートしていくことが重要です。
そのためには、ぜひ役に立つ情報を載せましょう。役に立つ情報は多くの人にとってもありがたい情報になりますので、ライフハックなどは多くの人に反応してもらえます。
2.ニュースの時事問題などを載せる
ニュースなど、話題になっている情報をツイートしていくことも効果的です。話題になっていることであれば多くの人が振り向きますので、常に旬の話題を提供していくことが可能です。多くの人が見つけないような記事などを見つけ、それをツイートしても良いですね。
3.炎上する内容を書く
あまりお勧めできませんが、多くの人が反発するような内容を投稿しても良いかもしれません。いわゆる「炎上目的」というものになります。ただし、これはリスクも伴いますので気をつけましょう。あまり人道的ではない発言などをしてしまうとそれだけでブログのファンが減ってしまう可能性もあります。
4.写真などを利用してきれいな投稿にする
Twitterを書くとき、写真などを利用して魅力的な投稿にすることも大切です。それによって特に女性のファンが増えるかもしれません。地味な投稿よりも華やかな投稿の方がファンが増えやすい傾向にあります。

まとめ
Twitterでただつぶやいていくだけではファンが増えません。多くの人に振り向いてもらえるよう、工夫をしていくことが大切です。そして多くの人がTwitterを利用する時間を見計らい、ツイートすることも重要です。